ラベル アクアリウム/ドワーフフロッグピット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アクアリウム/ドワーフフロッグピット の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年7月12日木曜日

【枯れさせない・溶けさせない】ドワーフフロッグ・ピット(後編)

ドワーフ・フロッグピット栽培のポイントは水流と温度!


どーもこんにちは。ごん太です。

前回からドワーフフロッグについてネタにしております。

前回は導入した経緯やドワーフ・フロッグピットという植物についての紹介、さらには栽培するための道具について記してまいりました。

今回はドワーフ・フロッグピットの実際の栽培について記していきたいと思います。

導入方法、栽培方法、間引き(トリミング)、栽培上の注意点、越冬などについて紹介していきたいと思います。

まずは目次、サイト内リンクに続きまして本文へと入っていきます。

それでは続きをどうぞ!

2018年7月6日金曜日

ピット?ビット?道具はどうする?ドワーフ・フロッグピット(前編)

①.  栽培経緯&ドワーフ・フロッグピットとはどんな植物?


どーもこんにちは。ごん太です。

前回は・・・

ガラスろ材であるシポラックスミニについてあれやこれやと記してまいりました。

そして今回は、冒頭のようにちょっと不安定な季節が続いていますが、

ゴールデンウイーク~梅雨にかけて導入&栽培にぴったりなドワーフ・ロッグピットについて紹介していきたいと思います。

アクアリウムは基本的に通年26℃設定の世界なので・・・

冬なのに青々とした植物が見れたりと「季節感がない」のが売りなのですが・・・

浮草については別です。

といいますのは、浮草の育成は水温と気温双方に左右されるからです。

そして浮草は初夏から夏になり始めるとショップに出始め、そして導入と栽培に適した時期でもあります。

ですから、アクアリウムの26℃設定の世界の中でも、多少なりとも季節感があるのが浮草ということになります。

そんな今が旬の浮草、特に浮草の王道、ドワーフ・フロッグピットについて、その栽培方法や栽培環境、注意点なんかを記していきたいと思います。

今回サブタイトル通り、その経緯とドワーフ・フロッグという植物についての紹介と器具と導入方法、そして次回後編は栽培方法とその注意点となる予定です。

それでは目次、サイト内リンク一覧(次回リンク)と続きまして、本文へと入っていきます。続きをどうぞ!。

2017年10月14日土曜日

ドワーフフロッグピット栽培20日目:よくあるトラブルとその対処法


導入10日目と導入20日目を比較


どーもこんにちは。ごん太です。

今回は・・・

ドワーフフロッグピットについて栽培20日目の現状と、じわじわとでてきたよくあるトラブルについて紹介していきたいと思います。

何はともあれまずは我が家の栽培環境から紹介していきたいと思います。

それでは目次・サイト内リンクに続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!

2017年10月3日火曜日

増え始めたドワーフフロッグピット(環境&注意点)

どーもこんにちわ。

ミクロソリウム・プテロプスなのか?
ミクロソリウム・プロプテスなのか?

すぐにわからなくなるごん太です。

前回は、

ミクロソリウム・プテロプスのトリミング

について紹介しました。

今回は、、、

10日前に導入したドワーフフロッグピットの成長具合について、写真の紹介や栽培環境、そして注意点などを紹介したいと思います。

それでは、目次に続きまして本文へと入っていきます。
それでは続きをどうぞ!

なお、お忙しい人は↓目次リンクよりお探しのパートへとジャンプしてくださいね。