2018年7月18日水曜日

ミクロソリウム・ウェンディロフはどんな水草?栽培条件と道具は?

①. ウェンディロフはどんな水草?


どーもこんにちは。ごん太です。
前回までは・・・

ドワーフ・フロッグピットについてあれやこれやと紹介しました。

ドワーフ・フロッグピットは夏が旬なので初夏から秋にかけて栽培するにはちょうどいい季節なのですが、、、数か月後に訪れる冬には弱いのでしっかりとガラス蓋&ヒーターで加温しましょう!そんな話だったかと思います。

さて、今回はミクロソリウム・ウェンディロフについての話をしていきたいと思います。

本来ならそのトリミングについてのみネタにしようと思ったのですが・・・
なぜか当ブログにおいて、ミクロソリウム・ウェンディロフのみ取り上げた記事がない。。。

せっかくなので、、、

ミクロソリウム・ウェンディロフとはどんな植物か?
その栽培道具と方法はどのようなものか?
そして最後にトリミングや木酢液を利用したコケ処理ついて

話ていきたいと思います。

今回は、盛りだくさんの内容ですので非常に長い文章となっています。
ですので、↓目次リンクよりお好みのパートへとジャンプしてくださいね。

それでは、目次に続きまして本文へと入っていきます。続きをどうぞ!

2018年7月12日木曜日

【枯れさせない・溶けさせない】ドワーフフロッグ・ピット(後編)

ドワーフ・フロッグピット栽培のポイントは水流と温度!


どーもこんにちは。ごん太です。

前回からドワーフフロッグについてネタにしております。

前回は導入した経緯やドワーフ・フロッグピットという植物についての紹介、さらには栽培するための道具について記してまいりました。

今回はドワーフ・フロッグピットの実際の栽培について記していきたいと思います。

導入方法、栽培方法、間引き(トリミング)、栽培上の注意点、越冬などについて紹介していきたいと思います。

まずは目次、サイト内リンクに続きまして本文へと入っていきます。

それでは続きをどうぞ!

2018年7月6日金曜日

ピット?ビット?道具はどうする?ドワーフ・フロッグピット(前編)

①.  栽培経緯&ドワーフ・フロッグピットとはどんな植物?


どーもこんにちは。ごん太です。

前回は・・・

ガラスろ材であるシポラックスミニについてあれやこれやと記してまいりました。

そして今回は、冒頭のようにちょっと不安定な季節が続いていますが、

ゴールデンウイーク~梅雨にかけて導入&栽培にぴったりなドワーフ・ロッグピットについて紹介していきたいと思います。

アクアリウムは基本的に通年26℃設定の世界なので・・・

冬なのに青々とした植物が見れたりと「季節感がない」のが売りなのですが・・・

浮草については別です。

といいますのは、浮草の育成は水温と気温双方に左右されるからです。

そして浮草は初夏から夏になり始めるとショップに出始め、そして導入と栽培に適した時期でもあります。

ですから、アクアリウムの26℃設定の世界の中でも、多少なりとも季節感があるのが浮草ということになります。

そんな今が旬の浮草、特に浮草の王道、ドワーフ・フロッグピットについて、その栽培方法や栽培環境、注意点なんかを記していきたいと思います。

今回サブタイトル通り、その経緯とドワーフ・フロッグという植物についての紹介と器具と導入方法、そして次回後編は栽培方法とその注意点となる予定です。

それでは目次、サイト内リンク一覧(次回リンク)と続きまして、本文へと入っていきます。続きをどうぞ!。