2017年10月31日火曜日

水槽に園芸用液肥(ハイポネックス)を入れる前に裏面で成分を確認しましょう!


どーもこんにちは。ごん太です。
今回は・・・

前回話にも上がったハイポネックスなどを含む園芸用液肥について書いてみたいと思います。

園芸用の液肥ってなんせお安いし、
成分もしっかり表示してあるから安全な気がするし、、
ついつい利用したくなりますよね?


例えばごん太が普段アクア用の液肥として利用している「ハイポネックス観葉植物用」はお値段¥500~¥700程度で180ml。

容量は180mlですが、希釈して使用するので実際にはそれ以上の量になります。
(ごん太は20倍に希釈し使用しているので3600ml分になります。)

さらに成分がN:P:Kが7-4-4が表示されているので、成分がはっきりと表記されていない水草用液肥と比べ「ある意味」安心確実にして使えるというのもメリットです。

しかし・・・ごん太ははっきり言いたいのです。

濃度計算できない人は手を出さないほうが身のためです。。。

・・・それは記事の最後のほうで解説していきたいと思います。

さて、話変わりまして、肥料って簡単に言いますが実は「薬」と同じようにしっかりと法律で定められた条件をパスしたものだけが「肥料」と名乗れるわけなんです。

じゃあ、肥料に含まれないものはすべてニセモノ?

いえ、そんなことは断じてありません!

というわけで、本文へと入っていきたいと思います。
なお、いつものごとく少々長い記事ですから、お忙しい人は↓目次リンクよりお探しのパートへとジャンプしてくださいね。

2017年10月27日金曜日

睡蓮鉢で外部フィルター:エデニックシェルトV3レビュー(ここがちょっと残念!編)

睡蓮鉢でエデニックシェルト!


どうもこんにちは。ごん太です。
前回は、、、

エデニックシェルトV3のレビュー(前編)

ということで、記事の長さの都合でエデニックシェルトの良い点のみを紹介しました。

そして今回はその後編ですので・・・

エデニックシェルV3の残念な点に焦点を絞り紹介していきたいと思います。

ごん太が思うに、、、
エデニックシェルは給排水系統が少し残念なのです。

フィルター本体はとても良いですから、ここさえ良ければもっと素晴らしいものになると思うのですが。。。

とはいえ、現状でも十分優秀なフィルターですし、、
給排水系統はエーハイムもパーツで何とかなる部分が多いですから、、、

そのデメリットがさして強烈な弱点になっていません。

むしろ、なんだかんだ文句を(本文中で)言いつつも、やっぱり小さいサイズの水槽向け外部フィルターはやっぱエデニックシェルトV3が一番使いやすいとごん太は思うのです。

そんなわけでレビューに入りたいと思います。
しかし、その前に注意事項を1つ。

今回エデニックシェルトV3を実際に設置した睡蓮鉢は、水量10L程度の室内睡蓮鉢です。屋外ではないこと、そして水量が少ないということに留意して参考にしてください。

というわけで、目次とサイト内リンクに続きまして本文へと入っていきます。
それでは続きをどうぞ!

2017年10月26日木曜日

睡蓮鉢で外部フィルター:エデニックシェルトV3レビュー(ここがすごく良い!編)

エデニックシェルトの使い心地


どうもこんにちは。ごん太です。

さて前回は・・・

睡蓮鉢における水作スペースパワーフィット+Sのレビュー

を紹介しました。

今回はその睡蓮鉢に、エデニックシェルトV3を設置してみたのでそのレビューになります。

しばらく投稿が続いてた、睡蓮鉢におけるフィルター選び&レビューも今回のエデニックシェルトV3で最後です。

ちょっと話が長くなってしまったので、前後の2分割で今回は良い点のみを紹介してみたいと思います。

なお、今回のレビューに利用した睡蓮鉢は、睡蓮鉢といっても、10L程度の室内睡蓮鉢です。その点を留意して参考にしてください。

決して「屋外の睡蓮鉢で外部フィルターを利用した」という話ではないのでご注意ください。

それでは、サイト内リンク一覧、あらすじ、小型水槽向け外部フィルターの昔話と現状、導入の経緯と記しましてから、レビューに入っていきたいと思います。

それでは続きをどうぞ!

※いつもの記事同様前置きが長くなっています。お忙しい人は↓目次リンク「時は流れ、最近は・・・」 よりジャンプしてください。

2017年10月25日水曜日

水作スペースパワーフィット+Sを睡蓮鉢で使ってみる!どんな点が良い?残念?

室内睡蓮鉢でSPF+を使ってみる!その使用感は?


どうもこんにちは。ごん太です。
前回は・・・

睡蓮鉢でテトラマイクロフィルターを利用したときのレビュー

という話を紹介しました。
今回は前回の予告通り・・・

睡蓮鉢でスペースパワーフィット+Sを利用したときのレビューを紹介してみたいと思います。

で、そのレビューの論点は・・・

・ろ材容量
・流量
・静音性
・本体サイズ


といった点です。

目次・サイト内リンクと続きまして本文へと入っていきます。
それでは続きをどうぞ!。

2017年10月24日火曜日

室内睡蓮鉢でテトラマイクロフィルターを使ってみる!

テトラマイクロフィルター in 睡蓮鉢


どうもこんにちは。ごん太です。

さて、今回から数回にわたりも睡蓮鉢のフィルター選びについて話ていきたいと思います。

まず、今回のレビューですが水槽ではなく・・・

「睡蓮鉢」でのテトラマイクロフィルターのレビュー

をしてみたいと思います。
レビューする論点は・・・

・大きさ
・設置性
・排水パーツ
・流量
・ろ材容量


以上の点について紹介していきたいと思います。

では、目次・サイト内リンクと続きまして本文へと入っていきます。
それでは続きをどうぞ!

2017年10月18日水曜日

お手軽DIYで水草映え!100均のPPシートで水槽のバックスクリーンを作る

「なんちゃってミスト」をバックスクリーンにする


どーも、こんにちは。ごん太です。

今回は・・・

水槽に100均のアイテムを応用してバックスクリーンをつけてみたいと思います!。

今回バックスクリーンを張り付ける水槽は、このブログのための写真撮影用水槽です。

当然、撮影用水槽なので、光沢のあるツルリとしたバックスクリーンでは反射であれこれ映り込んでしまっても困りますので、、、

今回は「なんちゃってミスト」と言われているバックスクリーンを設置していきたいと思います

昨今の水草水槽流行っている、曇りガラス風なバックスクリーンを100均のアイテムでDIYしてみよう!というわけです。

(本物は正確には背面のガラスそのものが曇りガラスの水槽なんですが。)

なお、googleで「なんちゃってミスト」と検索すれば、この素晴らしいバックスクリーンを考えた諸先輩方の記事をすぐ検索できるはずです!。

アクアな諸先輩方の情報のおかげで私たちのアクアリウムは常に豊かになっていきます。
本当にありがたいことです。
 
当ブログもそれを参考にして(真似して)バックスクリーンを撮影用水槽に設置し、その工程を紹介していきます。

それでは、目次、サイト内リンクに続きまして、下の項より実際の道具&方法、そして撮影に入っていきます。
続きをどうぞ!

2017年10月16日月曜日

【お手軽DIYで】塩ビ板でベアタンクの底面の反射を防止【色飛び防止!】

撮影水槽の反射防止


どーもこんにちは。ごん太です。

今回は・・・

ベアタンクの底面の反射を防止する方法

を紹介したいと思います。

その方法とは・・・ただ塩ビ板をカットしてやすり掛けしてはめ込むだけ。

では、今回の経緯とその方法を写真付きで紹介していきます。

2017年10月14日土曜日

ドワーフフロッグピット栽培20日目:よくあるトラブルとその対処法


導入10日目と導入20日目を比較


どーもこんにちは。ごん太です。

今回は・・・

ドワーフフロッグピットについて栽培20日目の現状と、じわじわとでてきたよくあるトラブルについて紹介していきたいと思います。

何はともあれまずは我が家の栽培環境から紹介していきたいと思います。

それでは目次・サイト内リンクに続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!

2017年10月12日木曜日

私のろ材遍歴~青スポンジからエーハイムメックまで~

時代が変われば、ろ材の考え方も変わる


どうもこんにちは、ごん太です。

今回は、ごん太のろ材に対する考え方の変遷を書いていきたいと思います。

なんでこんなことを書こうと思ったか・・・
それは今(2017年)と2000年代前半ではろ材に対する考え方が少し違うように思えるからです。

もちろん当時のごん太の考え方も今とは違いました。

そんなろ材のあり方について、少々哲学的な話になりますが、しばしお付き合いして頂ければと思います。

それでは目次に続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!

2017年10月10日火曜日

誰でもできるマツモのトリミングの方法(写真付き)

マツモのトリミング


どうもこんにちわ。ごん太です。
さて、前回は・・・

バイオコム・バフィーサポート

をレビューしてみました!。 
そして今回は・・・

マツモのトリミング

について紹介していきたいと思います。

それでは目次・サイト内リンクに続きまして本文へと入っていきます。 早速紹介していきたいと思います。

2017年10月9日月曜日

バフィーサポートの使用感(1年半目):プラスチックろ材とセラミックろ材違う点

プラスチックろ材はセラミックろ材と一味違う


どうもこんにちは。ごん太です。
前回は・・・

エアチャンバーなるものをDIYしてみました!

さて、今回は・・・

最近流行りのプラスチックのリングろ材の1つである、
バイオコムバフィーサポート(以下バフィーサポート)のレビューになります。

ここ数年、プラスチックろ材という言葉を聞くことがずいぶん多くなりました。

やはり多くのプラスチックろ材はセラミックろ材と比較して廉価であるという捨てがたい特徴があるからだと思います。

が・・・セラミックろ材の特徴はそればかりではありません。

ごん太自身、今回初めてプラスチックろ材を利用してみて、それらが持つろ材としての新しい特徴に、正直かなり戸惑っています。

というのはこの特徴のおかげで・・・

今までのセラミックろ材と扱い方がまるっきり違うからです。

今回はそんなプラスチックろ材の特徴にクローズアップしながら、バフィーサポートをしていきたいと思います。

では、ろ材を買った経緯から話を書き始めたいと思います。
それでは目次に続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!。

2017年10月8日日曜日

【静音化】エアポンプにエアチャンバーをつけてみた!【ペットボトルでDIY】

自作エアチャンバーでエアレーションの静音化


どーもこんにちは。
つい最近までウィーロモスかウィーロモスか分からなかったごん太です。

さて今回は・・・

エアポンプにエアチャンバーなるものをネットで調べ、ペットボトル自作し取り付けてみました。
作成にあたって、某巨大掲示板の方法を参考にしました。)

今回のエアチャンバー作成の理由は、エアの排出がスムースになるという話を耳にしたからです。

しかし・・・

設置前と設置後でほとんど違いがわからない!!

(と記事作成当時のごん太は記事にしていましたが・・・)

エアチャンバーを4か月間利用した経験から言わせていただきますと、

明らかに静音化に効果があります。


では、どのような静音効果なのか?
それについては詳しくは後述したいと思いますが、間違いなく言えるのは、、、

ごん太はエアチャンバーなしにエアポンプが利用できない耳になってしまったようです。

エアチャンバーで静音化という本来の用途とは違った利用法ですが、
効果絶大ですので是非利用をお勧めしたい器具となっています。

目次に続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!。

2017年10月5日木曜日

質実剛健なエーハイムメック


ろ材レビュー(エーハイムメック編)


どーも、こんにちは。ごん太です。

今回のネタはエーハイムメックのレビュー。

リングろ材の中ではかなりの知名度があると思います。

そんなエーハイムメックの導入を検討しいる方、そもそもエーハイムメックを知らない方向けに紹介していきたいと思います。


なお、軽くネタバレしますが、ごん太はエーハイムメックのことを・・・

生物ろ過、物理ろ過バランスが取れていて
安くて壊れにくく使いやすいろ材と考えています。


それでは目次に続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!

2017年10月3日火曜日

増え始めたドワーフフロッグピット(環境&注意点)

どーもこんにちわ。

ミクロソリウム・プテロプスなのか?
ミクロソリウム・プロプテスなのか?

すぐにわからなくなるごん太です。

前回は、

ミクロソリウム・プテロプスのトリミング

について紹介しました。

今回は、、、

10日前に導入したドワーフフロッグピットの成長具合について、写真の紹介や栽培環境、そして注意点などを紹介したいと思います。

それでは、目次に続きまして本文へと入っていきます。
それでは続きをどうぞ!

なお、お忙しい人は↓目次リンクよりお探しのパートへとジャンプしてくださいね。


2017年10月2日月曜日

ミクロソリウム・プテロプスのトリミング

ミクロソリウム・プテロプスは意外とデリケート?


どーもこんにちわ。ごん太です。
前回は・・・

活着系の水草を溶岩石に活着させる

といった内容をネタにしました。
今回は・・・

ミクロソリウム・プテロプスのトリミングについて紹介したいと思います。

トリミングするタイミングや、実際の方法や注意点についてネタにしていきたいと思います。

それでは目次・サイト内リンクに続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!

2017年10月1日日曜日

【レイアウト】溶岩石で活着系水草【自由自在】

流木ではなく溶岩石に水草を活着させるメリットは?


どうもこんにちは。ごん太です。

さて前回は・・・

リングろ材のシポラックスをレビューをしてみました!

今回は、ミクロソリウムなど活着する水草の活着、それも・・・・

ビニタイで小さめな溶岩石にミクロソリウムを活着させる方法について、そのメリットとデメリット

を紹介していきたいと思います。

それでは目次とサイト内リンクに続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!

なお、前置きが長いので忙しい人は↓の目次リンク「実際に溶岩石にミクロソリウム・ウェンディロブを固定してみる」よりジャンプしてくださいね。