ラベル アクアリウム/ウォーターウィステリア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アクアリウム/ウォーターウィステリア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年8月21日火曜日

ピンチカットと差し戻しの違いと生長:ピンチカットでトリミング後編

【1】ピンチカットと差し戻しの違いとは?

どうもこんにちは。ごん太です。
前回からウォーターウィステリアの話が続いています。
前の記事では……

育て方や、栽培するための道具や水質。
さらに育成にあたっての注意点を述べました。

今回の記事では……

トリミングした経緯に触れつつも、ピンチカットと差し戻し、2つあるトリミング方法のメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

また今回後半では……

ピンチカットの方法と、その後のウォーターウィステリアの生長について、写真や図で紹介していきたいと思います。

そんな2本立てで話を進めていきたいと思います。

それでは目次・サイト内リンクに続きまして、本文へと入っていきます。
なお、今回の記事も大変長い物となっています。お忙しい人は↓目次リンクよりジャンプしてくださいね。


2018年8月18日土曜日

ウォーターウィステリアはどんな水草?ピンチカットでトリミング前編

ウォーターウィステリアの雑学と育て方

どうもこんにちは。ごん太です。
前回までは……

ニッソー「水足しくん」のレビューを紹介しました。

シビアな夏の水槽管理に、ゆとりができて大変よろしい!
利用できる水槽サイズなら、是非利用したほうがイイ!!
というお話をしました。

よくよく思い返せば、それ以前のネタはいぶきエアストーン。器具の記事が複数回続いたことになりますね。久々に水槽本体に話を戻したいと思います。
今回は……

ウォーターウィステリアをピンチカット。
その話を述べていきたいと思います。

なお、今回は例のごとく分割の記事になっています。

まずは、栽培方法や水質、そして雑学的な部分について簡単に触れていきたいと思います。

昔似たような記事を書いた気もします。
それを焼き直して、新しい話も加えつつ、話を進めていきます。
なお、次回は、ウォーターウィステリアのピンチカットについて、紹介していきたいと思います。

目次、サイト内リンクに続きまして、本文へと入っていきます。
それでは続きをどうぞ!


2017年11月4日土曜日

ウォーターウィステリアのトリミング~その一部始終を写真で紹介!~

生長グングンなのでトリミングも頻回に・・・


どーもこんにちは。ごん太です。
前回は・・・

ウォーターウィステリアの栽培方法を紹介してみました。

今回は前回の予告通り・・・

ウォーターウィステリアのトリミング(差し戻し)を写真と共に紹介したいと思います。

ウォーターウィステリアは栽培の容易なハイグロフィラの仲間なので、ハイグロフィラ・ポリスペルマなどと同様栽培が簡単です。
が・・・

簡単ということはそれだけ初心者さんが初めての有茎草として手に取る可能性も高いわけですから、今回こんな初歩的な記事を書いてみたわけです。

それでは目次・サイト内リンクに続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!

2017年11月3日金曜日

ウォーターウィステリアの育て方

100均のフルーツ皿で鉢植え栽培


どーもこんにちは。ごん太です。
前回は・・・

植物に必要な光合成の波長について、吸収スペクトルと作用スペクトルという2つのスペクトルについて

紹介しました。

今回のテーマはタイトルのごとくウォーターウィステリアを100均フルーツ皿で鉢植え栽培したので、そこから得た経験をもとに・・・

ウォーターウィステリアの栽培環境や栽培方法、そして注意点などを紹介していきたいと思います。

さて話はいきなりネタバレな話ですが、ウォーターウィステリアという水草は栽培がとても簡単です。

ですから、「簡単すぎて」ネタとしてネット上に情報が載っていることが比較的少ない水草なんです。

(ブログを書いているとわかるのですが、いろいろとトラブルが多いほうがネタにしやすいのです。成功談よりも失敗談のほうが書いていて面白いですし、読者のみなさんの役に立とうという気持ちも強いのでペンも進むわけなんです。)

そんなわけなので、簡単がゆえに情報が少なく、逆に初心者の方にとってとっつきにくい水草なのかな?とごん太は思っています。

ですから、率先して栽培環境を晒してその簡単さを知ってもらおうと思い、このような記事を書いているわけです。 

まずは水草の鉢植え栽培についてざっくりと説明しつつ、ウォーターウィステリアの栽培について解説していきたいと思います。

目次・サイト内リンクと続きましてに続きまして本文へと入っていきます。
それでは続きをどうぞ!