2018年5月28日月曜日

スネールはプラナリアゼロで駆除できる?その結果とは・・・?

投薬から1週間後の結果


どーもこんにちは。ごん太です。

ここ数回にわたり睡蓮鉢に発生したスネールとりわけカワコザラガイネタが続いております。

前回は・・・

カワコザラガイを駆除してくれるチェリーバルブについて

前々回は・・・ 

プラナリアゼロでカワコザラガイの駆除

と、ここ数回にわたってカワコザラガイネタが続いております。

今回は、そんな前々回に投薬したプラナリアゼロによるカワコザラガイの駆除結果について記していきたいと思います。

結論を先に書きますと・・・

カワコザラガイにプラナリアゼロは効果ありです。

しかしながら、もう1週間投薬することとなりました。
その理由含め詳しくは後述したいと思います。

それでは、目次と続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!。

2018年5月24日木曜日

チェリーバルブ先生にスネール駆除をお願いしてみた!

ターゲットはカワコザラガイ


どーもこんにちは。ごん太です。

前回は・・・

スネール駆除の様々な方法とプラナリアゼロを利用したカワコザラガイ退治

について紹介しました。

プラナリアゼロの効果についてはまだ、投薬開始から1週間しか経過していないので、はっきりとした結果は出ていませんが、、、

現状はおおむね良好といったところでしょう。
詳しくは、1週間経過後、清掃と再投薬をしますのでそのネタの時に紹介したいと思います。

さて、今回は・・

チェリーバルブについて簡単にまとめてみました。

チェリーバルブで駆除できるスネールの種類(サイズ)や、実際にカワコザラガイ駆除をお願いした時の話を記していきます。

では目次・サイト内リンクに続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!。

2018年5月21日月曜日

プラナリアゼロで睡蓮鉢のカワラコザラガイ退治してみた【現在進行形】

プラナリアゼロでカワコザラガイ退治してみる!


どーもこんにちは。ごん太です。
今回はカワコザラガイ特集!

ごん太の睡蓮鉢でカワコザラガイが発生した経緯と駆除方法について。

さらに、、、

カワコザラガイの駆除方法の紹介と、実際のプラナリアゼロを用いた駆除について。

以上の2つについて話を紹介してみたいと思います。

目次、サイト内リンクと続きまして本文へと入っていきます。
それでは続きをどうぞ!

2018年5月11日金曜日

プレコ水槽に訳あってソイルを利用してみた!使用3か月目の感想

なぜプレコ水槽とソイルは相性が悪いのか?~それを補うする管理方針~


どーもこんにちは。ごん太です。
前々回、前回と瞬間接着剤でウィローモスを活着させるネタを書いてみました。

前々回はそのメリット・デメリットと道具について
前回写真入りで実際の方法と1か月後について

紹介しました。

ウィローモスについてですが、今後の生長次第・活着次第なんですが、思ったより葉が密に生えていかない・・・そんな活着方法なのかな?というような方法かと思います。

さて、今回からは全く別のネタで、プレコ水槽にソイルを利用して3か月経過したので、そのレビューを記してみたいと思います。

なお・・・

プレコ水槽にソイルに変更した設置当時の話について

は上記リンクからをご覧ください。

ネタの構成としては、経緯、プレコ水槽とソイルのよく言われて相性問題、現状とその管理方法、そしてメリットとデメリットについて紹介していきます。


それでは、目次、サイト内リンク一覧と続きまして、本文に入っていきます。
続きをどうぞ!

2018年5月8日火曜日

簡単!時短!瞬間接着剤を利用したウィローモスの活着とその1か月後(後編)

ウィローモスを瞬着で活着させる方法


どーもこんにちは。ごん太です。
さて、前回と今回にわたり、瞬間接着剤を利用したウィローモスの活着方法を紹介しています。

そんな前回は・・・

瞬間接着剤を利用した際のメリット・デメリットと道具について

紹介しました。
そのメリットを簡単に記しますと・・・

瞬間接着剤はすぐに硬化するので時間短縮にもなりますし、ウィローモスが外れないようにぐるぐると糸を巻くこともありませんから作業自体も極めて簡単です。

しかしデメリットもあります。

それは、硬化前の瞬間接着剤は有毒だということと、、、
「見ごろ」になるまであまりにも時間がかかりすぎることです。

というわけで、今回の記事では、

実際に瞬間接着剤を利用してウィローモスを溶岩石に固定していく様子を紹介しています。

しかし、記事を参考に実際にご自身で作業される際は・・・

必ず自己責任で実施してください。

実際ウィローモスの固定で瞬間接着剤を利用したがために飼育してい生体が死亡したということはごん太はいままで経験しておりませんが、、、
化学薬品に極端に弱い淡水エビなどに対しては、接着後のウィローモスを十分に洗浄したとしても・・・
万が一の事態が十分に考えられます。

より詳しいメリット・デメリットについては前回の記事をご覧ください。

それでは目次とサイト内リンク一覧に続き本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!

2018年5月5日土曜日

簡単!時短!瞬間接着剤を利用したウィローモスの活着とその1か月後(前編)

瞬間接着剤でウィローモスの活着~メリット・デメリットとその道具~


どうもこんにちは。ごん太です。

今回も水草ネタでウィローモスの活着について記していきたいと思います。

そもそもこのネタは4月中旬に投稿する予定だったのですが、、、
(投稿時は2018/5/5)

ウィローモスを栽培している睡蓮鉢をのぞいてみるとスネールが・・・。

今回のウィローモスの活着ついでに、慌てて睡蓮鉢をリセットすることとなり、投稿も延期していたわけです。

リセット後の現在、今回の睡蓮鉢のウィローモスですが、多少なりとも生長をしており、

スネールも繁殖していなさそう・・・なーんて思ってカメラを睡蓮鉢に向けたら、ちゃっかり生存していやがりました。

・・・

とりあえず、スネール撲滅まで待ってもしょうがないので、その時のウィローモスの活着について投稿することにしたわけです。

なお、その時のスネール駆除についての話は下のリンクからご覧いただくことができます。

・プラナリアゼロでスネール(カワコザラガイ)駆除

さて、話をウィローモスに戻しまして・・・

ウィローモスの活着方法というのは現在様々な方法が模索されており、昔ながらの木綿糸で巻く方法が有名です。

しかし最近はテグスやオクラネットなどの化学繊維で固定してみたり、糸は利用せず瞬間接着剤で固定してみたりと・・・

多くの先人の方々の素晴らしいアイデアにより日進月歩な分野だったりします。

そんな今回は

ウィローモスの活着のなかでもちょっと異端な瞬間接着剤を利用し方法について、
メリット・デメリット、道具、手順、1か月後の生長状況などを記していきたいと思います。

なお画像の編集が追い付いていないため前編・後編の2分割を予定しております。
今回はメリット・デメリットと道具の紹介までとなっております。

それでは目次・サイト内リンクと続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!。