ラベル アクアリウム/ミクロソリウム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル アクアリウム/ミクロソリウム の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年7月18日水曜日

ミクロソリウム・ウェンディロフはどんな水草?栽培条件と道具は?

①. ウェンディロフはどんな水草?


どーもこんにちは。ごん太です。
前回までは・・・

ドワーフ・フロッグピットについてあれやこれやと紹介しました。

ドワーフ・フロッグピットは夏が旬なので初夏から秋にかけて栽培するにはちょうどいい季節なのですが、、、数か月後に訪れる冬には弱いのでしっかりとガラス蓋&ヒーターで加温しましょう!そんな話だったかと思います。

さて、今回はミクロソリウム・ウェンディロフについての話をしていきたいと思います。

本来ならそのトリミングについてのみネタにしようと思ったのですが・・・
なぜか当ブログにおいて、ミクロソリウム・ウェンディロフのみ取り上げた記事がない。。。

せっかくなので、、、

ミクロソリウム・ウェンディロフとはどんな植物か?
その栽培道具と方法はどのようなものか?
そして最後にトリミングや木酢液を利用したコケ処理ついて

話ていきたいと思います。

今回は、盛りだくさんの内容ですので非常に長い文章となっています。
ですので、↓目次リンクよりお好みのパートへとジャンプしてくださいね。

それでは、目次に続きまして本文へと入っていきます。続きをどうぞ!

2017年12月7日木曜日

【簡単!5STEP!】ビニタイでミクロソリウム・ウェンディロブを活着!

突然のポッキン・・・もったいないので株分け


どうも、こんにちは。ごん太です。
前回より活着水草ネタが続ています。

そんな今回も・・・

溶岩石付のミクロソリウムの作り方を紹介していきたいと思います。

随分短い前置きですが、いつも通り詳しい経緯を話した後、その作り方を写真を交えつつ紹介していきたいと思います。

なお、前置きが少々長いので、お忙しい人は↓目次リンクよりお好みのパートへジャンプしてくださいね。

↓それでは続きをどうぞ!。↓

2017年11月8日水曜日

子株で簡単!ミクロソリウムの増やし方!

ミクロソリウムの子株~活着まで

どーもこんにちは。ごん太です。

今回はタイトル通り・・・

ミクロソリウムの子株を増やし方とそのメリット・デメリットを紹介してみたいと思います。

また、追記補足ですがその株分けについても簡単に紹介してみたいと思います。

さてごん太、本当はアヌビアスが好きなのですが、どうしても現在の水槽ではプレコがかじるため、どうしても育たない。

なので、我が家の活着系の水草のメインはミクロソリウムです。

そんなミクロソリウムですが、その増やし方はアヌビアスよりもノーリスクで簡単。
アヌビアスは茎を半分に切ることで株分けで増えていくのですが・・・

アヌビアスの「本体」たる茎に切断面ができるということは、どうしてもそこから病気にかかるリスクがあります。

しかし、その点ミクロソリウムは葉から子株が出てきますので、ノーリスクで新しい株が手に入ります。


なので、活着系水草をどんどん増やしたい方はアヌビアスより断然ミクロソリウムの方がお勧めです!。

しかし・・・もちろん欠点もあります。

今回はそんなミクロソリウムの増やし方について詳しく紹介したいと思います。

なお、今回の記述において「ミクロソリウム」は、主にミクロソリウム・プテロプスとミクロソリウム・ウェンディロフ(ウェンディローフ)のことです。

ミクロソリウムの世界は実は奥が深く、思った以上に様々な種類があります。
それら全てに当てはまるとは限りませんのでご了承ください。

それでは目次・サイト内リンクに続きまして本文へと入っていきます。
それでは続きをどうぞ!↓

2017年10月2日月曜日

ミクロソリウム・プテロプスのトリミング

ミクロソリウム・プテロプスは意外とデリケート?

どうもこんにちは。ごん太です。
さて、前回は……

活着系の水草を溶岩石に活着させる方法について紹介しました。

今回は……

ミクロソリウム・プテロプスのトリミングについて写真を用いながら述べていきたいと思います。

ミクロソリウムは生長が遅い水草ですから、どのタイミングでトリミングすればいいのか? わかりづらいですよね?。 そんなミクロソリウムをトリミングするタイミングや、実際にトリミングするにあたっての注意点について、この記事では述べいきます。

それでは早速ですが目次・サイト内リンクに続きまして、本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!


2017年10月1日日曜日

【レイアウト】溶岩石で活着系水草【自由自在】

流木よりも溶岩石に水草を活着させるメリットは?

どうもこんにちは。ごん太です。

さて前回は……

リングろ材のシポラックスをレビューをしてみました!

今回は、ミクロソリウムなど活着する水草の活着話です。具体的には……

100均で販売されているビニタイで、小さな溶岩石にミクロソリウムを活着させる方法と、その”メリットとデメリット”について述べていきたいと思います。

それでは目次とサイト内リンクに続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!

なお、前置きが長いので忙しい人は↓の目次リンク「実際に溶岩石にミクロソリウム・ウェンディロブを固定してみる」よりジャンプしてくださいね。