ラベル 睡蓮鉢/瞬間接着剤ウィローモス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 睡蓮鉢/瞬間接着剤ウィローモス の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年11月24日土曜日

溶岩石に瞬間接着剤でウィローモスを固定してみた!手順を写真で紹介

溶岩石の瞬間接着剤ウィローモスと水上ウィローモスを比較してみる


どうも、こんにちは。ごん太です。
さて、今回は前々回や前回のトリミングで発生したウィローモスのトリミングのあまりを利用して・・・

溶岩石に瞬間接着剤で固定する様子を紹介してみたいと思います。

また、おまけ程度ですが、3週間後の釣り糸で固定したウィローモスと瞬間接着剤で固定したウィローモスの生長具合を比較したいと思います。

それでは↓より続きをどうぞ!。
なお、お忙しい人は↓目次リンクよりお探しのパートへジャンプしてくださいね!。


2018年5月8日火曜日

簡単!時短!瞬間接着剤を利用したウィローモスの活着とその1か月後(後編)

ウィローモスを瞬着で活着させる方法


どーもこんにちは。ごん太です。
さて、前回と今回にわたり、瞬間接着剤を利用したウィローモスの活着方法を紹介しています。

そんな前回は・・・

瞬間接着剤を利用した際のメリット・デメリットと道具について

紹介しました。
そのメリットを簡単に記しますと・・・

瞬間接着剤はすぐに硬化するので時間短縮にもなりますし、ウィローモスが外れないようにぐるぐると糸を巻くこともありませんから作業自体も極めて簡単です。

しかしデメリットもあります。

それは、硬化前の瞬間接着剤は有毒だということと、、、
「見ごろ」になるまであまりにも時間がかかりすぎることです。

というわけで、今回の記事では、

実際に瞬間接着剤を利用してウィローモスを溶岩石に固定していく様子を紹介しています。

しかし、記事を参考に実際にご自身で作業される際は・・・

必ず自己責任で実施してください。

実際ウィローモスの固定で瞬間接着剤を利用したがために飼育してい生体が死亡したということはごん太はいままで経験しておりませんが、、、
化学薬品に極端に弱い淡水エビなどに対しては、接着後のウィローモスを十分に洗浄したとしても・・・
万が一の事態が十分に考えられます。

より詳しいメリット・デメリットについては前回の記事をご覧ください。

それでは目次とサイト内リンク一覧に続き本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!

2018年5月5日土曜日

簡単!時短!瞬間接着剤を利用したウィローモスの活着とその1か月後(前編)

瞬間接着剤でウィローモスの活着~メリット・デメリットとその道具~


どうもこんにちは。ごん太です。

今回も水草ネタでウィローモスの活着について記していきたいと思います。

そもそもこのネタは4月中旬に投稿する予定だったのですが、、、
(投稿時は2018/5/5)

ウィローモスを栽培している睡蓮鉢をのぞいてみるとスネールが・・・。

今回のウィローモスの活着ついでに、慌てて睡蓮鉢をリセットすることとなり、投稿も延期していたわけです。

リセット後の現在、今回の睡蓮鉢のウィローモスですが、多少なりとも生長をしており、

スネールも繁殖していなさそう・・・なーんて思ってカメラを睡蓮鉢に向けたら、ちゃっかり生存していやがりました。

・・・

とりあえず、スネール撲滅まで待ってもしょうがないので、その時のウィローモスの活着について投稿することにしたわけです。

なお、その時のスネール駆除についての話は下のリンクからご覧いただくことができます。

・プラナリアゼロでスネール(カワコザラガイ)駆除

さて、話をウィローモスに戻しまして・・・

ウィローモスの活着方法というのは現在様々な方法が模索されており、昔ながらの木綿糸で巻く方法が有名です。

しかし最近はテグスやオクラネットなどの化学繊維で固定してみたり、糸は利用せず瞬間接着剤で固定してみたりと・・・

多くの先人の方々の素晴らしいアイデアにより日進月歩な分野だったりします。

そんな今回は

ウィローモスの活着のなかでもちょっと異端な瞬間接着剤を利用し方法について、
メリット・デメリット、道具、手順、1か月後の生長状況などを記していきたいと思います。

なお画像の編集が追い付いていないため前編・後編の2分割を予定しております。
今回はメリット・デメリットと道具の紹介までとなっております。

それでは目次・サイト内リンクと続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!。

2017年12月1日金曜日

ウィローモスを木綿糸で活着するのは時代遅れ?(瞬間接着剤や釣り糸を利用した活着のメリットとデメリット)


身近な道具で楽々固定


どーもこんにちは。ごん太です。
前回は・・・

ウィローモスを流木に活着させることになった経緯と、活着に利用する木綿糸の特徴

について紹介しました。

今回は釣り糸瞬間接着剤を利用した固定方法のメリットとデメリットについて記してきます。

なお、今回はメリット・デメリットに的を絞っていますので詳しい方法は省略しています。ご了承ください。

また、この活着方法についてですが、その対象はあくまでも活着する根をもつ植物に限られます。

実際にごん太はそのような根を持たない園芸用植物や水草では実践したことはありませんが、おそらく適しておりません。

↑その点のみご注意の上、読み進めていただければと思います。

それでは目次、サイト内リンクと続きまして本文へと入っていきます。それでは続きをどうぞ!。