2018年5月5日土曜日

簡単!時短!瞬間接着剤を利用したウィローモスの活着とその1か月後(前編)

瞬間接着剤でウィローモスの活着~メリット・デメリットとその道具~


どうもこんにちは。ごん太です。

今回も水草ネタでウィローモスの活着について記していきたいと思います。

そもそもこのネタは4月中旬に投稿する予定だったのですが、、、
(投稿時は2018/5/5)

ウィローモスを栽培している睡蓮鉢をのぞいてみるとスネールが・・・。

今回のウィローモスの活着ついでに、慌てて睡蓮鉢をリセットすることとなり、投稿も延期していたわけです。

リセット後の現在、今回の睡蓮鉢のウィローモスですが、多少なりとも生長をしており、

スネールも繁殖していなさそう・・・なーんて思ってカメラを睡蓮鉢に向けたら、ちゃっかり生存していやがりました。

・・・

とりあえず、スネール撲滅まで待ってもしょうがないので、その時のウィローモスの活着について投稿することにしたわけです。

なお、その時のスネール駆除についての話は下のリンクからご覧いただくことができます。

・プラナリアゼロでスネール(カワコザラガイ)駆除

さて、話をウィローモスに戻しまして・・・

ウィローモスの活着方法というのは現在様々な方法が模索されており、昔ながらの木綿糸で巻く方法が有名です。

しかし最近はテグスやオクラネットなどの化学繊維で固定してみたり、糸は利用せず瞬間接着剤で固定してみたりと・・・

多くの先人の方々の素晴らしいアイデアにより日進月歩な分野だったりします。

そんな今回は

ウィローモスの活着のなかでもちょっと異端な瞬間接着剤を利用し方法について、
メリット・デメリット、道具、手順、1か月後の生長状況などを記していきたいと思います。

なお画像の編集が追い付いていないため前編・後編の2分割を予定しております。
今回はメリット・デメリットと道具の紹介までとなっております。

それでは目次・サイト内リンクと続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!。


(サイト内リンク:瞬間接着剤でウィローモスを活着関連)

当ブログの関連記事です。
よろしければ、こちらもあせてご覧ください。



瞬間接着剤でウィローモスの活着をするメリット・デメリット


さて、瞬間接着剤を利用したウィローモスの活着ですが、スタンダードな木綿糸(モスコットンなんて名前でADAより販売されています)を利用した方法と比較してメリット・デメリットがあります。

まずはその紹介をしていきたいと思います。


簡単!短時間!(メリットその1)


まず何といっても瞬間接着剤なわけですから、

ウィローモスを活着させるべく対象物に短時間で固定できる わけです!


木綿糸やテグスはウィローモスを挟み込むようにぐるぐると活着させる対象物に巻き付けていくことになるのですが、それ自体結構細かい作業で神経も使いますし時間を使います。

瞬間接着剤の場合は塗って貼り付けるだけ!、さらに硬化も短時間ですから・・・

木綿糸やテグスの場合と比較すると簡単で時短にもなります。

手がそれほど器用でないな人や急いでいる人におすすめなわけです。
ただし、後述の通り作業は短時間ですが、「見ごろ」になるのにものすごく時間がかかります。


どこでも瞬間接着剤は手に入る(メリットその2)


アクアリウム用品というのは基本的にアクアショップでしか手に入れらない物が多く、例えばアクア用木綿糸で有名な商品であろうADAのモスコットンなどはやはりショップに行かなければ手に入らない商品です。

(もちろん、手芸用の木綿糸代用するならば、100均で手に入ると思いますが。)

対して瞬間接着剤はいまやコンビニでも手に入りますし、ホームセンター、100均にドラッグストアにスーパーでも手に入るわけです。

というわけで・・・

ショップでしか置いてない木綿糸と比較すると簡単に入手できるわけです。

ですから、思い立ったが吉日でウィローモスさえあればすぐにできます。

思い立ったらすぐできる!これって、アクアリウムみたいなそれほどメジャーでなく専門店も少ない趣味にとってとても重要なことです。

・・・もっとも活着すべきウィローモスをお持ちでない人は、結局はショップに行くことになるのですが。。。。

下の写真は瞬間接着剤でウィローモスの活着をする前の睡蓮鉢の内部全景。
(この写真を撮った後にスネールの繁殖が発覚することになります。)

というわけで、次の項よりデメリットについての紹介となります。

スネール繁殖発覚前の睡蓮鉢。4月中旬。


必ずしも無害ではない(デメリットその1)


様々な情報を見る限りでは、瞬間接着剤は以下のような特徴を持っています。
まず、

瞬間接着剤は硬化する前の状態では有毒のようです

「人間において」という前提ですが気化した瞬間接着剤は、それを吸入することで粘膜を刺激する毒性があるようです。

しかし、短時間で硬化し、さらに硬化後は無害であるため、医療用としても利用されているようです。

結局のところ、水草に実際に利用してみないと何とも言えないわけですが・・・

硬化する前の液体の瞬間接着剤をウィローモスに塗るわけですから
多少なりとも害はあるはずです。

ごん太の経験ですがアヌビス・ナナに利用した際には、瞬間接着剤を塗布した部位は変色してしまったこともあります。

しかしまた、ウィローモスにゼリー状の瞬間接着剤を利用した場合ほとんど変色しなかったということも経験してます。

ですから、水草によりダメージや変色のあるなしに違いがあるようです。

結局何が言いたいのかと言うと・・・

【注意事項】

実際の作業に当たっては必ず自己責任もと行ってください。
生体や水草に思わぬダメージがあるかもしれません。

水草へのダメージが心配なら、目立たないところでテストしてみて下さい。
よくすすいでから水槽に戻してください。


また、いくらネット(当ブログを含む)に書いてあるからと言っても、アクアリウムは現実の生き物相手な趣味です。

ネットの情報を鵜呑みにするようなことはせず、常に生体の現状を確認しつつ慎重に実施してください。


意外と衝撃に弱く外れやすい(デメリットその2)


メーカーや液体orゼリー状などの接着剤の種類、さらにはか細いウィローモスや巨大なアヌビアス・バルテリーなどのように接着する水草のサイズや重さの違いもよるでしょうが・・・

水槽からの取り出しや清掃時など、ちょっとした衝撃で外れてしまうことがまれにあります。

ですので、接着剤に頼るのではなく、水草による活着が完了するまでは多少デリケートに取り扱う必要がありそうです。


葉の密度はウィローモスの生長次第(デメリットその3)


まず、前提条件ですが、以下の話はごん太の現状をもとに比較したことなので、すべての栽培環境に当てはまるとは限りません。

木綿糸やテグス、そしてモスマットなどの固定方法とくらべ、瞬間接着剤で接着したものはその葉の密度はすこし低い傾向があるようです

瞬間接着剤を利用した方法は、一部分のみを固定するだけの方法です。
テグスを利用した方法などそれらの固定法に見られるような幅広い面で無理やり押さえ込む方法ではありません。

ですから、ウィローモスの葉は水中では比較的自由で、生長点をたくさん作ろうとはせず茎頂を先端とした縦方向方向に生長し脇芽などの新芽はあまり作らないようです。

対して面で押さえ込む方法では、繊維の隙間を通り抜けるような生長点(=脇芽)の形成を促す方法です。

こちらを瞬間接着剤と面で押さえ込む方法を比較すると、脇芽の形成が促されるということは生長点が多くなるわけですから、結果生長後のボリュームや密度という差となってあらわれます。

もっとも、これはウィローモスの生長次第ともいえるわけで、しばらく経過観察をしていきたいと思います。

ーーー

その生長後の姿ですが、その茎葉(ウィローモスの葉)の生え方は絨毯という形容詞からは程遠く、自然な生え方といったところです。

ですので、

まるで絨毯のように生えそろった美しいウィローモスを作りたい方は素直に釣り糸で固定することをお勧めします。(2018/12/19補足)
 
ーーー

この記事を書いてから1年半が経とうとしています。
現在この当時接着剤で木化石に接着したウィローモスは見ごろを迎えています。

そのようになるまでの期間はなんと1年!

作業が時短になるというメリットの代償は思いのほか重くなるようです。
ですのでこの瞬間接着剤を利用した方法ですが・・・

はっきり言いまして余程時間に追われている人以外お勧めできません!!

多少手が不器用でも、釣り糸を利用してウィローモスを活着させたほうが、より短時間で生長し、より葉の密度が高くなり、より美しいのでお勧めです!!。
(2019/10/24 追記)


というわけで、次の項では実際にウィローモスを接着するための道具を紹介していきたいと思います。


瞬間接着剤で活着させるための道具


道具一覧


この項ではウィローモスの瞬間接着剤を利用した活着のための道具について記述していきます。まずは道具一覧から。

・ウィローモス
・レイアウト用の石もしくは流木
・瞬間接着剤
・キッチンペーパー(ティッシュペーパー)
・ハサミ
・カルキ抜きした水



ウィローモス


今回はいわゆる並ウィローモスを利用しました。三角形に葉が展開する南米産ウィローモスではありませんのであしからず。

南米産ウィローモスでも基本的に同じ方法で活着できるとは思いますが、活着後の姿や葉の展開の仕方や密度など何かと違う点があるはずです。


レイアウト用の石もしくは流木


今回は比較的表面がつるつるな木化石にウィローモスを接着する予定です。
表面がつるつるな物を選んだ理由はそのほうが接着しやすかろうと思ったからです。

しかし、ウィローモスにとっては表面がざらざらな方が活着しやすいわけですから、ウィローモスの生長を考えれば、表面がざらざらした溶岩石や流木の方がよさそうです。

この辺は溶岩石と木化石で活着の違いを比較実験してみないと何とも言えませんので、お茶を濁しておきます。

今回ウィローモスの活着させる化石。比較的表面がつるつるしている。


瞬間接着剤


今回はアロンアルファゼリー状を利用しました。

選んだ理由は液状よりゼリー状の方が流木や石などの活着させる素材にしみ込まず、うまく接着できるからです。

少なからず、1か月経った現在でも外れるようなことありませんでした。

ウィローモスの活着に利用したアロンアルフアゼリー状。


キッチンタオル


ウィローモスをうまく接着させるために、軽く水分をふき取るのに利用しました。
ティッシュペーパーでも同様のことができますので水分が拭き取れればなんでもよいでしょう。


ハサミ


ウィローモスは軽く切り刻んだ方が新芽が出やすく、その後の葉の密度も変わりますので、ハサミを利用します。

ハサミはきれいに切れるものであればどんなものでも構いません。


カルキ抜きした水


硬化しきれていない瞬間接着剤をすすぎ落すために利用します。
上記しましたが、

瞬間接着剤は硬化するまではそれ自体が有毒ですから、よくすすいでから水槽に戻すべきです。

なお、瞬間接着剤は空気中の水分を利用して硬化すると聞きますが、直接水に垂れると硬化せず油のように水面に浮いてしまうようです。

・・・

・・・・・・

というわけで、少し長くなってしまったので今回はここまで。
次回は実際に瞬間接着剤を利用したウィローモスの活着方法を写真入りで紹介していきたいと思います。

最後の画像は現在の睡蓮鉢。
気温が上がるにつれて睡蓮鉢から涼しげなオーラが出始めています。
(冬は寒々しいですが・・・。)

現在の睡蓮鉢。初夏にみるとその涼しげな感じがよくわかると思います。



あとがき


手順や方法といった記事を書くとき、なるべくステップごとに写真があると説明しやすく書きやすく理解しやすくと、書く方のみならず読んでいただける方にもメリットがあるはず!!

そう思ったのですが・・・

ちょっと調子にのってどうでもよい写真を撮りすぎたようで、画像の方が投稿ペースに追い付いておりません。続編は次回の投稿を予定しておりますが、今しばらくお待ちいただければと思います。

それでは次回もお楽しみに!

(最終更新:2019/10/24)

0 件のコメント:

コメントを投稿