最近の更新(スクロールバー01)

【最近の投稿】
オイカワ・ウグイ・カワムツ:固定軸・玉ウキの感度を上げる (5/15)
今年も夏日となる季節になりました~GWは水槽の夏対策をしよう~(4/30)
指標生物から考えてみる、水の汚れとマツモの有用性~その現実~ (4/17)
油膜は誰にでも起こりうるトラブルだと悟った、繁華街のあの夜 (4/4)
水草水槽で油膜が出るのを知らなかったあの頃:油膜の原因と対策 (3/27)
プレコと水草の相性、マツモ、陰性/陽性植物、ランナーをもつ植物 (3/18)
ここに前景草を植えたいのだが?葉に阻まれ光不足と水上葉ブースター(3/13)
ウールマットから考えるエーハイム何年もつの?問題:2222の場合(2/25)
餌からスタート!大昔のフィッシュレスサイクリング的ナニカの思い出(2/16)
【初心者さん向け】「食べる」からスタートする硝化サイクル (1/30)
【初心者さん向け】水槽の表面積と体積の比(ベルグマンの法則)(1/9)
初心者さんには60cm水槽はおすすめなのか? 改めて考えてみた!(12/17)
アクアリウムでよく使う濃度計算:比例式・希釈の計算(12/3)
川のルアーでカワムツ・ウグイを釣る!ド初心者を待ち受ける現実(11/26)
アクア歴ほぼ20年な釣り初心者が感じた淡水小物ルアーゲームの魅力(11/17)
単子葉類的美とハイグロフィラの強さテンプルプラント・ナローリーフ(10/17)
安い、早い、簡単な純和風漂う水草セキショウモの特徴(10/3)
LeafのCO2ボンベから垣間見る、通販の利便性(9/15)
アクロトライアングル専用ライトスタンドの組み立て方【吊り下げ式】(7/31)
セキショウモとテンプルプラントをダイソーのトレーに植えたとある日(7/14)
水槽のガラス蓋についた水垢をクエン酸のバケツとパックで落とす(6/30)
エーハイムのパイプについた水垢をクエン酸で溶かしてみた!(6/9)
今年も水槽の夏対策の季節♪【冷却ファンからカーテンまで】(5/20)
ダイソー リモコンライト イルミネーションを水槽台内の照明に!(5/3)
いつ水温計買うの? 今でしょ!? ニチドウ マルチ水温計CT(4/20)
45cm水槽だけど10L入りソイル買ったった!果たしてサイズは?(4/8)
嗜好性よし!1cm未満?キョーリン ミニアルジーウエハーレビュー(3/29)
言われなければ分からない?たった100円!ダイソー製エアチューブ(3/19)
安くて良くとれる!Flexのスクレーパー歴ほぼ20年目がレビュー(3/11)
100均ナイフでプレコの餌を割っておく→寝る前のゆとり増!(2/25)
エヴァリスオートヒーターをレビュー! これを選び続けるその理由は(2/11)
初心者さんのヒーターどれがいい? 経験10年以上わたしはなお悩む(1/29)
メタルCO2カウンターレビュー&ガラス製カウンターの水の入れ方(1/13)

2023年2月25日土曜日

100均ナイフでプレコの餌を割っておく→寝る前のゆとり増!

プレコ飼育の寝る前の面倒事を解決してみる

梅が開花し、桜の蕾も色味を増す季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
どうも、こんにちは。ごん太です。
さて、今回はプレタブを……

100均グッズ割るっ!

ただそれだけ。プレコ飼育者向けな幅の狭い記事です。
特段掘り下げる部分もなければ、長文にするような深い話でもありません。
ササっと短文で一部始終を紹介していきたいと思います。
それでは続きをどうぞ!

食事中のプレコ


話の経緯


プレコタブレットは大きい

プレコの定番の餌といえば、プレコタブレット。
略してプレタブ。これらのおかげで、安心してプレコを飼育できるようになって久しいです。

テトラプレコ

現在では、キョーリンか、ニチドウ、テトラ、複数の会社から販売されるようになりました。
それら共通点を端的に言えば、丸いこと、良く沈むこと、

そして、1個丸っとあげると多すぎなこと。

もちろん、ディスカス水槽のお掃除をしているセルフィンちゃんや、ヌシさまサイズのグリーンロイヤル君なら1匹1個が適正量です。
しかし、コレクション性が高くプレコマンション向きな小型中型プレコには、少々大きすぎるのです。

では、大きすぎる餌の何がいけないのか?
残飯が出てしまうことです。
流木に踏まれ、水を汚し、フィルターに詰まれば、調子が上がるわけもなく……。
もちろん、アクアリストもただ手をこまねいているだけでなく

そうならないための、給餌量の調節と毎朝の残飯清掃。

これを覚えて習慣化するのが、プレコ飼育の第一歩となっています。



毎晩指で割るのは面倒!

わたしもプレコタブレットを割って、ブルーフィンプレコに与えています。
それも毎晩。

飼い慣らされた子なら、ライトがついていてもアグアグと餌を削り取る姿を見られますが、多くのプレコは夜行性で臆病な性格。

人間が寝て静まり返った深夜こそ、リラックスして食事ができるのです。

そのために、給餌のタイミングは、人間が寝る直前。しかし、これが結構面倒なのです。
と言いますのも、就寝直前というなんとも微妙な時間に手が汚れるからです。
魚の餌の匂いが付いた指で布団に入り込みスマホをいじる。
気分の良い物ではありません。

では、前もって割っておけば?

割ったプレタブ

というワケで実際にやってみたのが今回の話となります。



100均へGO!


プレタブ用の包丁とまな板が欲しい!

改めまして、わたしは主フです。
家族の毎日のご飯を作っています。
そのわたしが、調理用の包丁でプレコの餌を切る。

――できるわけがありません。

それで切ったサラダ口にした女性陣は見る見るうちに顔が青ざめ、刺身を頬張った男性陣は怒鳴り散らすのは間違いないでしょう。

衛生的にも、倫理的にも問題にがあるのは明らかです。

そこで、今回は100均で包丁とまな板をゲットすることにしました。
これなら、お安くプレコタブレット用の一式を揃えることができるでしょう。



100均へ赴くも保管場所にこまった結果

専用の包丁が欲しいっ!!
雪のちらつくある日、息巻きダイソーへ向かったのですが、結局は折りたたみ式のナイフを購入していました。

いえね、100均にも立派な包丁がありましたよ?
取っ手も大きく、刃渡りもあり、錆びないステンレス製!
しかし、手に取りカゴに入れる直前に気が付いてしまったのです。

これを保管するに妥当な場所が、我が家に無いことを。

もし、流しの扉内側でいつもの包丁と混ぜて保管すれば、「なんでこんなところにあるのよ!?」と間違使った女性陣から猛烈抗議が入るのは必然。
しかし、刃が裸のまま保管するには、刃渡りが長すぎて100均包丁と言えども何とも危ない。
とは言え、キャンプでつかうサバイバルのように、レザーやプラスチックでできた「シース」があるはずもなく。

悩んだ結果、折りたたみナイフを購入。

ダイソー折りたたみナイフ

これをパラコードで何重にもぐるぐる巻きにして、さらに目いっぱいの力で固く縛って保管すれば、アクアグッズと一緒に混ぜておいても色々と危険なことはなさそうです。

ついでにまな板と、保存用の瓶も購入。しめて400円なり。



実際にやってみた!


プレタブ50個27gを10分で半分に

さぁ、道具もそろいました! 
作業をしていきましょう!!

用意したのはテトラ・プレコ。

テトラプレコと折り畳みナイフ

イエローとグリーンのボトルがおしゃれなテトラ製のプレタブです。
こちらは、以前レビューした物。もうあれから9カ月経っています。毎晩半分にカットしてい与えていますが、いまだに残っています。

――というか、いつなくなるのでしょう……?

これだけもって、お値段は約800円。大変お買い得なプレコタブレットだと得そうです。
そんなテトラの二重円盤をまな板の上に用意。どっしり取り出した量は50個27g。
約3か月分の量です。これを全て半分に割れば、しばらくの間快適な餌やりができそうです。

それでは、一つずつカットしていきましょう!

プレタブと折り畳みナイフ

はい♪ 作業終了です。

半分割れたプレコタブレット

ここまで、ゆっくりカットしてわずか10分前後。

3か月分の毎晩の面倒な作業が、たったこれだけの時間で不要となりました。もっと早くやっておけば……と思わざるをえません。

次いで、ダイソーの保存瓶を用意。

ダイソーの保存瓶

木目調のフタ、円筒形のボディ、なかなか可愛らしいヤツです。

そのフタの内側にはシリコンと思わしきパッキン。さらに小さなシリカゲルもついていて、それなりに乾物の保存も考慮されていそう。袋入りGABAのスパイス入れるには、ちょうどいいサイズです。アクア以外でも台所周りでいろいろと利用できそう。夢が広がります。
今回はこちらに、割ったタブレットを入れてみました。

保存瓶にプレコの餌を(詰めすぎ×)

ドーン!

と、写真をとってみましたが、これではダメ。詰めすぎです。

乾燥している人工飼料といってもプレコの食べ物。光を通すこの容器、おそらくプレタブを劣化させてしまうでしょう。ボトルに戻したのち改めて1/4ほど入れ直し、日光の当たらない水槽台横で保管することにしました。

保存瓶にプレコの餌



さっそく餌をあげてみる

最後に餌やりの様子を紹介して記事を終えたいと思います。
時刻は深夜0時。水槽消灯から2時間も経っていますが、チェリーバルブたちは未だ寝る気配はありません。水槽のあるわたしの部屋が明るいから……というのもありますが、落ちてきたプレコタブレットをあわよくば摘まんでしまおうと、今か今かと天から夜食が落ちて来るのを待っているのです。

肝心のブルーフィンプレコは……? と言いますと、こちらもスタンバイモード。
頭から土管に入っており一見寝ているように見えますが、時折長い尾ひれをブンブン振っては地面に穴を掘り、餌に飛びつく準備体操をしている模様。室内灯が消えたのを見計らってナマズの仲間特有の爆速スタートダッシュするのは毎晩の光景。バルブたちを蹴散らし餌に飛び付くさまはまさしく夜の水槽のヌシです。

さぁ、これ以上待たせるわけにもいかないので、プレタブを投入していきましょう。
瓶のフタを開けて餌をピンセットでつまみます。

ピンセットでプレコタブレットをつまむ

プレコを驚かさぬよう、そっと水槽に入れます。

ピンセットでプレコタブレットをつまんで水槽の中へ

プレコ土管付近においてみました。

水槽に置かれたプレコタブレット

しばらくはチェリーバルブが狂喜乱舞し、餌を集中攻撃していますが……

テトラプレコを食べるチェリーバルブ

ぬッと出て来るブルーフィンプレコ。
すかさず、お腹の下に隠して、プレコタブレットをキープします。

ブルーフィンプレコ(ライト消灯中)

夜食目的のバルブたちは、プレコを無視してつついていましたが、さすがのサイズ差に負け少し離れます。

テトラプレコを食べるブルーフィンプレコ(ライト消灯中)

そのまま大きな口を吸いつけてガリガリ。
我が家のヌシさまは無事、今晩の夕飯にありつけたようです。

ちょっとした時間的ゆとりですが、愛しいプレコを観察する余裕が生まれました。

というわけで、今回はここまで。