2017年10月9日月曜日

バフィーサポートの使用感(1年半目):プラスチックろ材とセラミックろ材違う点

プラスチックろ材はセラミックろ材と一味違う


どうもこんにちは。ごん太です。
前回は・・・

エアチャンバーなるものをDIYしてみました!

さて、今回は・・・

最近流行りのプラスチックのリングろ材の1つである、
バイオコムバフィーサポート(以下バフィーサポート)のレビューになります。

ここ数年、プラスチックろ材という言葉を聞くことがずいぶん多くなりました。

やはり多くのプラスチックろ材はセラミックろ材と比較して廉価であるという捨てがたい特徴があるからだと思います。

が・・・セラミックろ材の特徴はそればかりではありません。

ごん太自身、今回初めてプラスチックろ材を利用してみて、それらが持つろ材としての新しい特徴に、正直かなり戸惑っています。

というのはこの特徴のおかげで・・・

今までのセラミックろ材と扱い方がまるっきり違うからです。

今回はそんなプラスチックろ材の特徴にクローズアップしながら、バフィーサポートをしていきたいと思います。

では、ろ材を買った経緯から話を書き始めたいと思います。
それでは目次に続きまして本文へと入っていきます。
続きをどうぞ!。


(サイト内リンク:ろ材レビュー)

当記事以外にも、ろ材関連の記事がございます。
よろしければ、あせてご覧ください



バフィーサポート購入の経緯


これはもう単純です。

最近の流行&最新の技術に触れてみたかったから。

いつもの、エーハイム製とか、セラ製とかではなくて、話題になっているメーカーのものを試してみたかった。それだけです。

もちろん、廉価という点もあります。
さらに、最近のプラスチックろ材は成型しやすい材質のなのか?極めて複雑な形が多いわけです。

アクアリウム大好き人間としては、新しい技術、新しい製品、新しい考え方が、とてもとても気になってしまい、思わず手に取ったということになります。

というわけで、さっそくバフィーサポートの良い点から。


バフィーサポートの良い点


良い点その1:とにかく軽いので取り扱いが楽


さすがプラスチックろ材!と言いたいほど軽いです。

他のセラミックろ材と比較して

ものすっごい軽いです!。これはプラスチックならではの特徴です。

この特徴のおかげで、改めてセラミックろ材の重さに気が付きました。

そんなわけですから、このろ材を利用しているフィルターは水さえ抜けば、かなり軽くなります。
なので・・・

清掃時の取り回しがかなり楽になります。

現在このろ材はごん太のエーハイム2222で利用しており、この外部フィルターは内部ろ材ケースが2段あります。下から1段目にバフィーサポート、2段目にエーハイムサブストラットを入れています。

メンテ時に外部フィルターの水を抜いて、ろ材ケースごと1段ずつフィルターケースから抜き取り、そして、そのままろ材清掃をするわけなのですが、、、

明らかにサブストラットより、少ない力でろ材ケースを持ち上げることができます。

ですから・・・

力の弱い人や女性

または

オーバーフローや大型外部・上部など大量のろ材を使用するフィルターを管理している人

そんな人にお勧めです。


良い点その2:目詰まりしにくく、耐久性もある


目詰まりのしにくさは、当ブログのレビューでリングろ材の特徴として毎回挙げていますが、、、

ざっくりと言えばリングろ材の大きさや材質により違いはあれど、だいたいどのリングろ材も目詰まりがしにくいのがその大きな特徴です。

逆に、リングろ材であるならば目詰まりのしづらいろ材とも言い換えることができるわけなので、極論を言えばリングろ材だからどれも同じだという事も言えなくもないのですが、、、

そうは言っても、目詰まりしやすいろ材を主体に外部フィルターを稼働したことのある経験があるごん太だから言わせてもらいますが・・・

目詰まりしないってすんごい大切なことなんです!。
(メンテの回数や、フィルター内部の通水性、嫌気性菌対策など)

そんなわけですから、リング状というのはかなり大きな恩恵があると思います。

耐久性については

あります と言いたいのですが、我が家に来てまだ1年半ですので、断言はできません。

ろ材ケースなどに入れて余計な荷重をかけないなど、正しく利用していれば十分あります。
(詳しくは後述の補足にて)

なお、現状では、我が家に来ていまだに割れたり欠けたりしたバフィーサポートはありません。

また、当然ですが、プラスチックなのでセラミックろ材やガラスろ材のように細かい粒が出ることもありません。

ですから、このバフィーサポートがどのような劣化をしていくか興味津々です。

もしかしたら、細かい粒子が出ないわけですから、プラスチックろ材ばかり使えば、外部フィルターパワーヘッド直前のウールマットがいらない時代が来るかもしれません。
(・・・ただ、その場合は細かいゴミが水槽に舞いまくると思います・・・)


---

そろそろ我が家に来て2年目になります。
我が家では60cm用外部フィルターのろ材ケースの中で利用していますが・・・

割れた、欠けた、崩れたとうトラブル一切なし!!

この2年間を見る限りですが、思った以上に耐久性があります。

この耐久性は、硬すぎず柔らかすぎないバフィーサポートのちょうどいい硬さがうまいこと機能しているようです。

もちろん、ろ材自体に無理な荷重がかかっていない状態で2年利用したという条件が付きますが・・・
(2018/2/6 補足)


この記事を書いてからかなりの日数が経過しました。
もちろん、バフィーサポートが我が家に来てから相当な日数が経過しています。

さてこのバフィーサポートですが、いまだに破損なく利用できています。
余計な荷重や圧力をかけることなく、ろ材ケースなどに入れて利用してきたことが功を奏していると思います。

ですから、正しく利用さえすれば、その耐久性はセラミックろ材とかわらないのではないか?と思っています。
(2019/6/1 補足)


さて、↓からはすこしネガティブな話になります。


バフィーサポートの残念な点



残念な点その1:プラスチック製なのでよくわかっていない点もある。


水槽を維持するという点においては十分に実用に耐えると思います。
実際我が家の水槽で利用中に水質不安定になるということはありません。
また、生物ろ過よりも物理ろ過のほうが得意そうな特徴もあります。
(この話は次の項で詳しく書くとします。)

しかし・・・

立ち上げ時の硝化サイクルが完成するまでの時間が、プラスチックろ材とセラミックろ材を比較した場合ではどうなるか?

このことについて立ち上げ済み水槽で利用しているごん太には残念ながらはっきりとしたことはわかりません。

理論的には表面積が多ければ多いほど立ち上げが早くなりそう、つまるところ、表面が多孔質でないプラスチックろ材を利用して立ち上げると遅くなりそうなのですが・・・

その差によって現実的に立ち上げ期間にどれくらいの差がでるのか?
またその差が有意なものなのか?
これもごん太はわかりません。
というわけで・・・

新しい素材なので、まだよくわかっていないことが多そうですし、、、
従来のろ過システム同様、その詳細が完全に理解されることはなさそうです。

しかしながら、現実のろ過能力に限って言えば、

可もなく不可もなくということです。

なので、廉価であるという点など総合的に考えれば、購入の選択肢に入る素晴らしいろ材です。


残念な点その2:ろ材の清掃加減がつけにくい!・・・でも・・・


同じリングろ材でもシポラックスやエーハイムメックと違い、表面は凸凹していますが、セラミックろ材のようにバクテリアの好む細かなザラザラはありません。

↓写真を見ていただければわかるように凹凸はあります。
しかし、どうやら、硝化細菌が強固に定着できるような、細かな凹凸は無いようなのです。

ですので・・・

バクテリアの定着が悪く、少しろ材ケースをゆすっただけで、結構な量のバクテリア・ゴミが剥がれてしまいます。

いつものセラミックろ材のようにガシガシと長時間ゆすり洗いすると、、、

ろ材に付着しているバクテリアがごっそり取れて、かなり焦ります。。。

そしてこれがプラスチックろ材の困った特徴です。
なので、、、

洗浄時はデリケートに扱ってください!
これが最大の注意点です。

この点、エーハイム・メックとは真逆の形状・性質ですね。

メックは一見滑らかな表面をしていますが、セラミックゆえの細かな凹凸(多孔質ではない)があるため、バクテリアの食いつきがよく、デリケートな洗浄は求めれません。

ろ材哲学や材質がが変わればこうも変わるなんて、面白いですね!。

そんなバフィーサポートの性質ですから、

毎回十分に汚れを落とす必要がある物理ろ材として利用するならば、かなりメンテしやすいリングろ材と言い切ることができると思います。

ですので、、、

どちらかといえば物理ろ材として、もしくは物理ろ材中心な生物ろ材としての利用をおすすめします。

仮にこれだけを生物ろ材として利用するならば、その清掃を慎重に行ったほうがよさそうです。

バフィーサポート(アップ)
汚い写真でごめんなさい。表面は凹凸があるのですが、バクテリアの食いつきはよくないです


残念な点その3:水に浮く


プラスチックろ材ならではの特徴のようですが、とにかく軽いので、ろ材が浮いてしまうことがあります。

水に浮いてしまうと、メンテナンス時にプカプカとバケツやろ材ケース内で漂ってしまいますので、ろ材ネットやろ材ケースに入れて使用することをお勧めします。

なお、商品にはミカン袋状の純正のろ材ネットが付属してきますので、別途用意する必要はありません。

しかしこの症状(?)は使用開始から数か月経過すると、それ自体が水を含み多少重くなるようで、解消されます。

ですので、この水く浮くというデメリットは時間とともになくなります。

ごん太の環境では利用中の全てのバフィーサポートが水に沈んでおります。
ですから、そこまで気にしなくてもいいデメリットということができそうです。


バフィーサポート


総評


総評としては、リング状ろ材としては十分に使用できます。
ただし、プラスチックろ材が故のメリットデメリットがあり、特に清掃時にはそのメリットもデメリットもはっきりと出ます。

力のない人には向いてると思いうのですが、ろ材の清掃方法にこだわりがある人は、力加減に慣れるまで少し時間がかかると思います。

このようにセラミックろ材にはないメリットデメリットがあり、最初に書いた通り、ごん太はいまだに取扱いに戸惑うことがあります。

しかし、このバフィーサポートを含めプラスチックろ材は、この先どんどん革新的なろ材が登場する予感がします。
それほど今までのろ材とは一線を画す性質を持っているろ材なのです。


あとがき


さて、残念な点として、3つの点を挙げましたが、

どれもバフィーサポートゆえの弱点ではなく、プラスチックの性質からくるものだと言うことができると思います。

セラミックろ材も、重い、割れる、微粒子が出る、水質に影響がでるなどなど・・・材質ゆえの弱点があります。
ですから、材質を理解した上で賢く購入、管理してあげることが、一番大切であると付記しておきます。

さて、今回はこの辺で。
次回は・・・

マツモのトリミング方法

について紹介したいと思います。
それでは次回もお楽しみに!

(最終更新:2020/1/07)

0 件のコメント:

コメントを投稿